「FXに興味があるけど、難しそう…」「FXを始めるには何から取り組めばいいんだろう??」

FXをこれから始めてみたい人の中には、FXのやり方が難しくて、手が出せない人もいるのではないでしょうか。
FXはリターンの大きい資産運用の一つですが、それに伴い元本割れも大きくなりやすいです。

実際にFXに挑戦してみたら、リターンを得るどころか借金を背負ってしまう、といった悲惨な話もあります。

そんなFXによる資産運用の手助けをしてくれるのが、FX自動売買システムの「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」です。

VENTURE BANKを使えば、完全ほったらかしで、低リスクであなたの資産を運用してくれます。

そこでこの記事では、VENTURE BANKを導入するメリットと、導入する方法を解説します。

VENTURE BANKについて解説する前に、なぜFXに取り組んだ方が良いのか説明します。

資産運用の必要性

近年の日本経済は低成長時代と言われており、給料が上がりにくくなっています。
それに加えて「働き方改革」の一環として労働時間が制限され、残業代を稼いで手取りを増やす、といったことができなくなっています。

かといって昇給を狙って手取りを増やすのには、時間が掛かりすぎてしまいます。

そこで生活を豊かにするために、資産運用で「お金に働いて」もらい、手取りを増やすのが最適な手段となります。

資産運用の種類にはいくつかありますが、その中でもFXは利回りが高い手段の一つです。

FXは利回りの高い資産運用

FXは他の資産運用に比べて、利回りが高いです。
例えば投資信託の優良ファンドに投資したとしても、年利にして3-5%程度、7%を超えれば優秀な運用成績です。

ちなみに利回り5%で50万円得ようと思った場合、毎月5万円を6年間、総額360万円も積み立てる必要があります。

これでも資産運用としてはすごい方なのですが、6年後に50万円というのは、ちょっとコスパが悪いと思いませんか?

一方のFXであれば利回り10%以上は不可能ではなく、上手く取り組めば20%超えも狙えます。
とはいえ初心者がいきなりFXで利回り10%以上を狙うのは、ほぼ不可能です。
それどころか利益を出すことでさえ、かなり難しいでしょう。

そこでオススメしたいのが、完全自動でトレードしてくれるFX自動売買システムです。

ここからはFX自動売買システムの一つである「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」について解説します。

FXの自動売買ソフト「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」の特徴と料金を解説します。

ビッグデータとAIを活用したFX自動売買システム

VENTURE BANKはAIとビッグデータを利用した、投資初心者の方でも安心して始められるFX自動売買システムです。

FX初心者が最初に悩むポイントは、「どのタイミングで売買すべきか」という点です。

しかしVENTURE BANKがもつビッグデータとAIを駆使すれば、適切なタイミングでトレードを行い、利益を出すことが可能です。

稼働実績

2019/7/25~2020/8/27におけるVENTURE BANKの実績は、月利約39%、年間換算で約458%という驚異の実績をたたき出しています。

とはいえFXの結果には世界情勢や個人差に大きく左右されてしまうため、全員がいつでも上記の実績を出せることはありません。

それでもVENTURE BANKであれば、それなりに利回りの良い実績を上げることは十分に可能です。

料金

VENTURE BANKの料金は、通常価格で59,600円です。

しかしFX初心者がいきなりこの金額を支払うのには抵抗がありますよね。

そこで現在VENTURE BANKでは、半額キャンペーンを実施しているだけでなく、返金保証も付いているため、初心者でも安心して利用できます。

今なら半額の29,800円

いくらFXで利益を上げたいと言っても、初心者のうちは初期投資が小さいほうが始めやすいですよね。

そこで現在、本来59,600円するところを、公式LINE限定価格では半額の29,800円で提供しています。

この半額キャンペーンはいつ終了するか未定なので、気になっている方は、お早めに申し込みを済ませましょう。

全額返金保証付き

「実績があると言っても、本当に利益が出るの?」と疑問に思われるかもしれません。

そこでVENTURE BANKでは実際に利用してみたものの、満足のいく運用が出来なかった方のために、90日間の全額返金保証付きで提供しています。

実際に運用してみて利益が出なかったり、また使いにくいようであれば、90日以内であれば返金が可能です。

そのためお試しにVENTURE BANKを利用してみて、利益が出そうになければ返金対応をお願いしてみる、というのもアリですね。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」はFX初心者の人にこそオススメしたい自動売買ソフトですが、導入するメリットは3つあります。

  • 完全自動でほったらかし運用が可能
  • 低リスクな運用が可能
  • 個別サポートしてくれる

それぞれ一つずつ解説します。

完全自動でほったらかし運用が可能

まずVENTURE BANKを導入すれば、完全自動でトレードを行ってくれます。

FXは常に状況が変わるため、「見てなかったときに適切なトレードのタイミングを逃していた」といったこともあり得ます。

実際に寝ている最中や本業に取り組んでいる最中などにもトレードのタイミングはやってくるため、大半の人は適切なタイミングでトレードできないことの方が多いです。

しかしVENTURE BANKを利用すれば、あなたが見ていない時でも自動でトレードしてくれるため、最適なタイミングを見逃していた、といったことを防げます。

VENTURE BANKであれば完全自動で行ってくれるため、ほったらかしでOKなのです。

低リスクな運用が可能

VENTURE BANKであれば低リスクでのFX運用が可能です。

初心者のうちは不要なトレードをしてしまったことで大きな損失を出してしまう、といった失敗は少なくないです。

しかしVENTURE BANKであればAIとビッグデータを駆使したトレードにより、不要な失敗を避けられるため、リスクの低い運用が可能になります。

それでも元本割れを出してしまうことはありますが、ゼロカットシステムの導入により、マイナスを出すようなことはありません。

ただでさえリスクの高いFXを低リスクで運用したい人にこそ、VENTURE BANKがオススメなのです。

個別サポートしてくれる

「導入したのはいいけどシステムの使い方が分からない」といったときのために、VENTURE BANKでは個別サポートの窓口を設けてくれています。

完全自動で資産を運用してくれると言っても、分からないことが一つや二つは出てくるものです。

そのためシステムを使うにあたって分からないことがあれば、気軽に質問できます。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」を導入するメリットは大きいですが、一方でデメリットもいくつかあります。

それが以下の二つ。

  • 導入するのに初期コストが掛かる
  • 利益が出る保証は無い

デメリットとはいっても、FXに取り組む上ではどうしても避けられない仕方のないことばかりです。

それぞれ一つずつ解説します。

導入するのに初期コストが掛かる

先述で説明した通り、VENTURE BANKは導入するにあたって、コストが掛かります。

割引で導入したとしても29,800円、決して安い金額ではありません。

しかし考えてみてください、FXを始めるまでにはいろんな書籍を読み込んで何時間も勉強し、初歩的な失敗を何回も繰り返して損失を出す。

VENTURE BANKを導入すれば、これらの労力をかけることなく利益を出せるかもしれないのです。

29,800円という額は安いものではありませんが、「勉強にかける時間と労力をお金で買う」と考えれば、十分に価値のある出費と言えます。

利益が出る保証は無い

VENTURE BANKは2019/7/25~2020/8/27の実績で月利約39%と高利回りをたたき出しているものの、その状態が常に出せるわけではありません。
時には損失を出してしまうことも多々あります。

しかしFXを含めた投資というものは、損失は必ず出てしまうもの。

むしろ「必ず利益を出せます」というサービスは例外なく詐欺商材です。

それでもVENTURE BANKで損失が出ることはあっても、低リスクで抑えられます。
そのためリスクの低いFX運用を行いたい人は、導入してみてはどうでしょうか。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」を利用するまでのステップは以下の3つです。

  1. LINEにて申し込み、口座開設
  2. サポートがシステムを起動
  3. 自動で資産運用を開始

たったこれだけの手順で、VENTURE BANKでの資産運用が可能です。

また申込みの前には、事前に準備すべきものもあるので、併せて解説します。

申込み前に必要なもの

申込み手続きに進む前に、必要なものがあります。

それが以下の二つ。

  • スマホ
  • 運用資金

たったこれだけあれば、VENTURE BANKを利用できます。

スマホはVENTURE BANKの口座を開設するために必要で、LINEは必ずダウンロードしておきましょう。

運用資金は最低限必要な額は決められていませんので、まずは余剰資金で小さく始めてみるのがオススメです。

ですがVENTURE BANKでは5万円以上の運用額を推奨していますので、ご参考までに。

【手順1】LINEにて申し込み、口座開設

こちらのページにスマホでアクセスして、「無料登録」をクリックしましょう。

LINE経由で登録して、口座が開設されます。

【手順2】サポートがシステムを起動

口座開設が完了したら、サポートがシステムを起動してくれます。

サポートの指示に従って操作するだけなので、難しい工程はありません。

【手順3】自動で資産運用を開始

システムの起動が完了したら、自動で資産運用が開始になります。

あとはほったらかしで運用して、利益が出るまで待ちましょう。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」をオススメしたい人は以下に当てはまる人です。

  • 忙しくてFXを始めるのに何からすべきか分からない人
  • リスクが怖くて手が出せない人
  • 他の自動売買システムで結果を出せなかった人

それぞれ一つずつ解説します。

忙しくてFXを始めるのに何からすべきか分からない人

FXを始めるのに何から手を付ければいいか分からない人に、VENTURE BANKがオススメです。

特にFXを取り組む人は毎日の仕事で多忙な人も多いでしょうから、調べる時間すら取れない人もいるかもしれません。

しかしVENTURE BANKであれば完全自動で運用してくれるため、勉強すべき様なこともほとんど無いと言っても過言ではありません。

忙しくて何から手を付けたらいいか分からない人にこそ、VENTURE BANKを導入して、FXを始めてみてほしいです。

リスクが怖くて手が出せない人

FXのハイリスクが怖くて手が出せない人にも、VENTURE BANKはオススメです。

FXは他の資産運用よりもリターンが大きい反面、リスクも大きいです。

特に初心者ではトレードのタイミングを誤ってしまい、余計な損失を出してしまうことも少なくありません。

しかしVENTURE BANKであればシステムに沿って運用してくれるため、損失が出るとしても、最小限で済みます。

さらにゼロカットシステムにより、借金を背負うリスクは一切ないため、リスクの限度を決められます。

VENTURE BANKを導入すれば上記のようにリスクを下げられます。

そのためリスクが怖くてFXに手が出せない人にとっても、VENTURE BANKがオススメなのです。

他の自動売買システムで結果を出せなかった人

他の自動売買システムで利益が得られなかった人にも、VENTURE BANKがオススメです。

先述の通りVENTURE BANKはビッグデータとAIの両方を駆使して、トレードを行います。様々なパターンを適宜学習し、最新情報を基にトレードを進めてくれるため、安心して運用できます。
「パターンが古くなって対応できない」ことにより生じる損失に見舞われることもないでしょう。

今お使いの自動売買システムで結果を出せなかった人は、一度VENTURE BANKに乗り換えてみてはどうでしょうか。

「VENTURE BANK(ベンチャーバンク)」は完全放置で運用ができるFXの自動売買ソフトです。

【VENTURE BANKの特徴】

  • AIとビッグデータを活用したFXの自動売買ソフト
  • 月利約39%、年間換算で約458%という驚異の実績あり

【VENTURE BANKをオススメしたい人】

  • 忙しくてFXを始めるのに何からしたらいいか分からない人
  • リスクが怖くて手が出せない人
  • 他の自動売買システムで結果を出せなかった人

「FXを始めたいけど、何から手を付けよう…」「忙しいからあまりFXに向き合えなさそう」このような方にこそ、VENTURE BANKがオススメです。

完全放置で運用してくれるため、あなた自身が勉強する必要もなく、またトレードのためにソフトを立ち上げる必要もありません。

それでも「本当に成果が出るの??」と疑問に思われる方はいるかもしれません。

そんな方のためにVENTURE BANKでは90日間の全額返金保証がついてきます。

FX初心者で手っ取り早く成果を出したい人は、まずVENTURE BANKを利用してみてはどうでしょうか。